8インチWindowsタブレット

Intel BayTrail-Tを搭載した8インチのWindows 8.1タブレットが各社から発売されます。4万円前後からの価格帯で、AndroidタブレットやiPadと比べ出遅れていたWindowsタブレットが巻き返してくる可能性が高そうです。

CPU、メモリ、ストレージの大きさなどは各社で違いはなく、HDMI/GPSの有無やデザイン性が製品選びのポイントとなってきます。

また、低価格ながらMicrosoft Officeが付属するところも特徴ですが、8インチという小さい画面で利用は賛否が分かれるところです。

Lenovo IdeaPad Miix2 8

Lenovoから発売されるタブレットです。最大の特徴は本体が350gとここで紹介する3機種で最軽量となっています。持ち運び重視の場合におすすめできます。

CPUAtom プロセッサー Z3740
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ8インチ 800×1280
OSWindows 8.1 (32bit)
ソフトウェアMicrosoft Office Professional 2013

Acer ICONIA W4-820/FP

Acerから発売されるタブレットです。こちらはmicroHDMIが付いていますので、外部モニターに出力したい場合はこの製品がおすすめです。

CPUAtom プロセッサー Z3740
メモリ2GB
ストレージ64GB
ディスプレイ8インチ 800×1280
OSWindows 8.1 (32bit)
ソフトウェアMicrosoft Office Professional 2013

Dell Venue 8 Pro

最後はDELLから発売されるタブレットです。デルアクティブスタイラスが用意されているので、スタイラスペンを使いたい人にはおすすめです。Miracast対応でワイヤレスでの映像出力も可能とのことですが、こちらはまだ詳細が分かっていません。

CPUAtom プロセッサー Z3740D
メモリ2GB
ストレージ64GB
ディスプレイ8インチ 800×1280
OSWindows 8.1 (32bit)
ソフトウェアMicrosoft Office Professional 2013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。