Gimpを使って簡単なGrassテクスチャー

Gimpを使って簡単にGrassテクスチャーを作成する手順を紹介したいと思います。

1. 適当なサイズで画像を新規作成します。


512×512

2. Filter » Artistic » Clothify… のフィルターを適用します。


Blur X: 9
Blur Y: 9
Azimuth: 135.0
Elevation: 90.0
Depth: 12

3. レイヤーを追加して、緑色で塗り潰します。


R: 76
G: 135
B: 18

4. レイヤーモードをGrain mergeに変更します。

以上です。

縦横4つ並べてみると次のような感じになります。

繋ぎ目なしのテクスチャーを作りたい場合は、「Make Seemless」フィルターを適用してみるのもいいと思います。

おすすめ商品

GIMPで岩テクスチャを作成

GIMPを使って岩っぽいテクスチャを作ってみようと思います。

1. 512×512のイメージを作成し、Filters » Render » Clouds » Plasma… でプラズマフィルターを実行

GIMPで岩テクスチャを作成 その1

Random seeds: 0
Turbulence: 2.2

Random seedsとTurbulenceは適当に調整してそれっぽい絵になる値を探してみてください。

2. Filters » Lights and Shadow » Lighting Effects…を実行

Bump MapのタブでEnable bump mappingを有効に設定します。
Distanceはお好みに合わせて調整してください。

GIMPで岩テクスチャを作成 その2

3. Colors » Desaturateを実行

GIMPで岩テクスチャを作成 その3

これで完成です。

茶色に色付けしてみと次のような感じになります。

GIMPで岩テクスチャを作成 その4