無料で使えるメールソフト「Thunderbird」

Windowx XPやWindows VISTAの頃はOutlook ExpressやWindowsメールなどのメールソフトが標準でインストールされていましたが、最近のWindowsではメールソフトは自分でインストールしなければ使えないようになっています。

良く使われている無料のメールソフトはマイクロソフトの「Windows Essentials」とMozillaの「Thunderbird」です。

Windows Essentials
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials

Thunderbird その1

無料メールソフト Thunderbird
http://www.mozilla.jp/thunderbird/

Thunderbird その2

Windows Essentialsはマイクロソフト製のソフトウェアという点で安心感がありますが、最近は更新もなくなり、将来性の点で少し気になります。また、ソフトウェアパックになっていて、メールソフトだけをインストールできない点も若干マイナスポイントかと思います。

そこで、今回はMozillaのメールソフトThunderbirdの使い方を紹介したいと思います。

Thunderbirdの使い方

1. Thunderbirdのダウンロードとインストール

http://www.mozilla.jp/thunderbird/にアクセスして、ダウンロードボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

Thunderbird その3

ファイルがダウンロードできたらセットアップを実行します。特別な設定もありませんので、通常通りにセットアップを進めてください。

Thunderbird その4

2. メールアカウントの登録

インストールができたら、さっそく実行してみます。初回起動時にはアカウントのセットアップ画面が表示されます。「メールアカウントを設定する」をクリックしてメールアカウントの設定をします。

Thunderbird その5

あなたのお名前(受信箱に表示される名称)、メールアドレス、パスワードを入力して、「続ける」をクリックします。

Thunderbird その6

前回紹介した海外無料メールサービスGMXの場合は次のようになります。

あなたのお名前 任意の文字列
(受信箱に表示される名称)
メールアドレス example@gmx.com
(登録したメールアドレス)
パスワード ********
(登録したパスワード)

しばらくすると、Mozilla ISPデータベースのデータが表示されますので、確認して「完了」をクリックします。プロバイダのメールアカウントを使う場合などMozilla ISPのデータベースに登録されていないアカウントを使う場合は後述する「手動設定」をクリックして設定します。

Thunderbird その7

IMAPの代わりにPOP3を使う場合は設定を変更してから、「完了」をクリックします。

Thunderbird その8

以上でThunderbirdの設定は完了です。

3. メールアカウントの手動設定

メールアカウント設定で手動設定を行うと次のような画面になります。

Thunderbird その9

受信サーバー、送信サーバーの欄にプロバイダの設定を入力します。

bb.exciteの設定例

受信サーバー
POP3
サーバーのホスト名 pop.xxx.bbexcite.jp
ポート番号 110
送信サーバー
SMTP
サーバーのホスト名 smtp.xxx.bbexcite.jp
ポート番号 587

4. メールの送受信

メールの受信

受信したメールを表示するには「受信トレイ」をクリックします。

Thunderbird その10

メールの送信

送信するメールを作成するには「作成」をクリックします。

Thunderbird その11

Thunderbirdのバックアップとリストア

最後に、OS再インストールなどの際に設定を引き継ぐ方法を紹介します。

Thunderbirdのデータは%APPDATA%\Thunderbirdに保存されます。

バックアップ

エクスプローラのアドレスバーに「%APPDATA%」と入力して、Thunderbird全体をコピーします。

リストア

エクスプローラのアドレスバーに「%APPDATA%」と入力して、コピーしているThunderbird全体を戻します。

ブラウザのFirefox同様にアドオンを追加していろいろとカスタマイズすることもできます。無料で使えるソフトなので活用してみてください。


初回起動時にセットアップしていない場合は、Alt+Tでメニューバーを表示して、アカウント設定より設定できます。

PHP APPSのWordPressをバックアップ

ネットオウル株式会社

ネットオウルのPHPアプリのクラウドサービス「PHP APPS」のWordPressのバックアップ手順を解説します。

データベースのバックアップ

まずは通常通りにネットオウルにログインします。

ネットオウル /ユーザーログイン

PHP APPS管理ツールからバックアップしたいWordPressの「設定」をクリックします。

インストール済みのワードプレス一覧

データベースのバックアップをクリックします。

PHP APPS /アカウント管理ツール

圧縮形式を選択して「エクスポートの実行」をクリックし、ファイルを保存します。

データベースのバックアップ(エクスポート・インポート)

これでデータベースバックアップは完了です。

wp-contentのバックアップ

アップロードコンテンツや編集したテーマのバックアップはFTPでバックアップします。

FTP接続を有効にしていない場合は「FTPアカウント設定」をクリックし、FTP接続を有効に変更します。

PHP APPS /アカウント管理ツール

アカウント管理でステータスが無効となっている場合は「設定変更」をクリックします。

FTPアカウント管理 1

利用設定を有効にして、設定変更(確認)をクリック

FTPアカウント管理 2

設定編集(確定)をクリック

FTPアカウント管理 3

「FTPアカウント情報へ戻る」のリンクをクリックすると、FTPアカウントの管理画面に戻りますので、FTPアカウント名とFTPホスト名を確認して任意のFTPクライアントでファイルのダウンロードを行ってください。

FTPアカウント管理 4
FTPアカウント管理 1


※パスワードの変更をしていない場合、パスワードはネットオウルのログインパスワードと同じになります。