無料で使えるメールソフト「Thunderbird」

Windowx XPやWindows VISTAの頃はOutlook ExpressやWindowsメールなどのメールソフトが標準でインストールされていましたが、最近のWindowsではメールソフトは自分でインストールしなければ使えないようになっています。

良く使われている無料のメールソフトはマイクロソフトの「Windows Essentials」とMozillaの「Thunderbird」です。

Windows Essentials
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials

Thunderbird その1

無料メールソフト Thunderbird
http://www.mozilla.jp/thunderbird/

Thunderbird その2

Windows Essentialsはマイクロソフト製のソフトウェアという点で安心感がありますが、最近は更新もなくなり、将来性の点で少し気になります。また、ソフトウェアパックになっていて、メールソフトだけをインストールできない点も若干マイナスポイントかと思います。

そこで、今回はMozillaのメールソフトThunderbirdの使い方を紹介したいと思います。

Thunderbirdの使い方

1. Thunderbirdのダウンロードとインストール

http://www.mozilla.jp/thunderbird/にアクセスして、ダウンロードボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

Thunderbird その3

ファイルがダウンロードできたらセットアップを実行します。特別な設定もありませんので、通常通りにセットアップを進めてください。

Thunderbird その4

2. メールアカウントの登録

インストールができたら、さっそく実行してみます。初回起動時にはアカウントのセットアップ画面が表示されます。「メールアカウントを設定する」をクリックしてメールアカウントの設定をします。

Thunderbird その5

あなたのお名前(受信箱に表示される名称)、メールアドレス、パスワードを入力して、「続ける」をクリックします。

Thunderbird その6

前回紹介した海外無料メールサービスGMXの場合は次のようになります。

あなたのお名前 任意の文字列
(受信箱に表示される名称)
メールアドレス example@gmx.com
(登録したメールアドレス)
パスワード ********
(登録したパスワード)

しばらくすると、Mozilla ISPデータベースのデータが表示されますので、確認して「完了」をクリックします。プロバイダのメールアカウントを使う場合などMozilla ISPのデータベースに登録されていないアカウントを使う場合は後述する「手動設定」をクリックして設定します。

Thunderbird その7

IMAPの代わりにPOP3を使う場合は設定を変更してから、「完了」をクリックします。

Thunderbird その8

以上でThunderbirdの設定は完了です。

3. メールアカウントの手動設定

メールアカウント設定で手動設定を行うと次のような画面になります。

Thunderbird その9

受信サーバー、送信サーバーの欄にプロバイダの設定を入力します。

bb.exciteの設定例

受信サーバー
POP3
サーバーのホスト名 pop.xxx.bbexcite.jp
ポート番号 110
送信サーバー
SMTP
サーバーのホスト名 smtp.xxx.bbexcite.jp
ポート番号 587

4. メールの送受信

メールの受信

受信したメールを表示するには「受信トレイ」をクリックします。

Thunderbird その10

メールの送信

送信するメールを作成するには「作成」をクリックします。

Thunderbird その11

Thunderbirdのバックアップとリストア

最後に、OS再インストールなどの際に設定を引き継ぐ方法を紹介します。

Thunderbirdのデータは%APPDATA%\Thunderbirdに保存されます。

バックアップ

エクスプローラのアドレスバーに「%APPDATA%」と入力して、Thunderbird全体をコピーします。

リストア

エクスプローラのアドレスバーに「%APPDATA%」と入力して、コピーしているThunderbird全体を戻します。

ブラウザのFirefox同様にアドオンを追加していろいろとカスタマイズすることもできます。無料で使えるソフトなので活用してみてください。


初回起動時にセットアップしていない場合は、Alt+Tでメニューバーを表示して、アカウント設定より設定できます。

海外無料メールアドレスを取得しよう

フリーメールを使っていますか?

Yahoo! Japanや本家Yahoo!、GoogleのGmailなどを使っている人は多いと思いますが、今回紹介するGMXもなかなか良いサービスです。

Free Webmail and Email by GMX | Sign Up Now!
http://www.gmx.com/

GMXの主なポイントは次のような感じです。

  • SMTP、IMAPが無料で利用できる
  • メールの転送もできる
  • エイリアスメールが最大で10個追加できる

無料とはいっても、いくつものサービスにアカウントを開設して使い続けるのは手間だったりします。その点、GMXはエイリアスメールが10個も使えるので、これ1つあればメールに関してはほぼ不自由なくなるのではないかと思います。

そこで、GMXのアカウント開設からエイリアスの作成までを紹介したいと思います。

GMXメールアカウントの取得手順

1. http://www.gmx.com/にアクセスして、「Free Sign Up」をクリックします。

GMX その1

2. アカウント情報の入力画面になります。必要事項をアルファベットで入力していきます。

GMX その2

入力内容は以下の通りです。

First Name/Last Name 名、性
Gender 性別をMale/Femaleから選択
Date of Birth 生年月日
Country
(日本も選択肢にあります。)
Desired Email Address 取得したいメールアドレス
(取得済みアドレスかどうかは右のボタンからチェックできます。)
Choose a Password パスワードの入力
・8文字以上
・英字、数字両方を使う
・大文字、小文字両方を使う
・記号を使う
Contact Email 現在使っているメールアドレス(任意)
Security Question 秘密の質問
Your Answer 秘密の質問の答え
Verify your Registration 表示される文字を入力

4. アカウントの開設完了画面です。

これで登録したメールアドレスは利用できるようになっています。

エイリアスを作成する場合は引き続いて「Continue to inbox」をクリックします。

GMX その3

GMXのエイリアスメールの作成手順

5. 左側の下から2番めのアイコンをクリックして設定画面を表示します。

GMX その4

6. 真ん中の列から「Alias Addresses」をクリックし、「Create Alias Addresses」に追加したいメールアドレスを入力して「Create alias address」ボタンをクリックします。

GMX その5

以上で、GMXのアカウント開設とエイリアスアドレスの作成完了です。
次回、メールソフトの設定を書く予定です。

追記:更新しました。
無料で使えるメールソフト「Thunderbird」