arguments.calleeの覚え書き

JavaScriptでarguments.calleeを使うと無名関数の再帰ができるのですが、よく忘れてしまうのでメモしておこうと思います。

arguments.calleeの使い方

順にフィボナッチ数を計算していくarguments.calleeを使ったサンプルです。

(function(i, j){
  console.log(i + ' + ' + j + ' = ' + (i + j));
  if(i + j < 10){ arguments.callee(j, i + j); }
})(0, 1);

実行結果

0 + 1 = 1
1 + 1 = 2
1 + 2 = 3
2 + 3 = 5
3 + 5 = 8
5 + 8 = 13

arguments.calleeを使うと無名関数が呼び出される仕組みです。

使いどころとstrictモード

個人的にarguments.calleeを使いたくなる場面はsetTimeout関数です。

setTimeout(function(){
  // 何か
  setTimeout(arguments.callee, 1000);
}, 1000);

上は1秒毎に何かを実行する例です。

短いコードでわざわざ名前を付けた関数を定義するほどでもない(名前を付けるのが面倒な)場面で使いたくなります。

strictモード

ただ、便利と思った人には残念なお知らせです。

strictモードでは使うことができません。

便利なのですが、arguments.calleeは積極的に使うべきではないのかなと思います。

サンプルコード

arguments.calleeを使ったサンプルコードを作成しました。

サンプルコード

http://code.rlated.net/arguments-callee/
http://code.rlated.net/arguments-callee/

「実行」のボタンをクリックするとフィボナッチ数を計算します。「実行(strict)」のボタンをクリックするとstrictモードで実行され、エラーになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。