Internet Explorerの互換表示設定

Internet Explorerを更新すると以前は問題なかったサイトで表示が崩れたり動作がおかしくなったりすることがあります。

個人的にも、Internet Explorer 11に更新したところYahoo! JapanのSilverlightを利用したページが表示できなくなって困ったことがあります。

ということで、Internet Explorerで正しく表示できないサイトは互換表示設定を有効にするとうまくいく場合があるので、試してみてください。

Internet Explorerの互換表示を有効にする手順

1. メニューバーから「互換表示設定」を選択します。

2. 「追加するWebサイト」に正しく表示されないサイトのドメイン名を追加します。

後は「閉じる」を選択すると互換性表示モードの状態で表示されます。


こちらの記事はWindowsの使い方というサイトで公開していた内容です。
使用していたレンタルサーバーのサービス終了に伴い移転しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。