Gimpを使って簡単に雲の画像を作成

Gimpを使って簡単に雲っぽい画像を作成する手順を紹介してみようかなと思います。

1. 適当なサイズで画像を新規作成して、空の色で塗りつぶします。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その1

2. 1の色よりも少し濃い青色を選択して「エアブラシ」で画像の上側を軽く上塗りしてみます。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その2

この部分は省略できますが、色に変化があった方がそれっぽい感じになるかなと思います。エアブラシの代わりに始めからグラデーションツールで塗りつぶしておく方法もあるかと思います。

3. 描画色を白(もしくは少し青みがかった白)に変更して、「ブラシ」で適当に雲を描いてみます。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その3

テキトウに描いても案外それっぽい雰囲気になるので試してみてください。

4. 「にじみ」(指先ツール)を使って雲の縁を適当に引き伸ばしてみます。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その4

5. 描画色を彩度低めの青白い色に変更して「ブラシ」で雲の影を描いてみます。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その5

これもテキトウに描いても案外それっぽい雰囲気になるかなと思います。

6. 再び「にじみ」を使って雲の影の縁を適当に引き伸ばしてみます。

Gimpを使って簡単に雲の画像を作成 その6

これで完成です。

Gimpを使って簡単に水面っぽいテクスチャー

Gimpを使って簡単に水面っぽいテクスチャーを作成する手順を紹介してみようと思います。ちなみに、今回のテクスチャーは川や海の水面ではなく、池やプールなどでの利用が向いているかなと思います。

1. 適当なサイズで画像を新規作成して、水の色で塗りつぶします。

2. 新規レイヤーを追加して、「フィルター » 下塗り » 雲 » ソリッドノイズ」を実行します。


乱れ: On
詳細: 4
Xサイズ: 10.0
Yサイズ: 10.0

※タイル可能の設定にすると上下左右にタイリングした場合に繋ぎ目を見えなくできます。

3. 「色 » 階調の反転」を実行します。

4. 「色 » トーンカーブ」をテキトウに設定してみます。

5. 追加したレイヤーのレイヤーモードを加算に、不透明度を70.0位に設定します。

6. 追加したレイヤーを複製し、x/y方向に少しだけ移動。レイヤーモードをソフトライト、不透明度を30位に設定します。

遠近法でレイヤーを変形してみると、少し斜めからの水面のような感じにもなるかなと思います。

お好みに合わせていろいろ調整してみてください。