TweetableでWordPressの更新をツイート

ホームページへの集客のためにいわゆるソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用している人も多いと思います。

そこで、今回はWordPressの更新をTwitterにツイートできるようにするため、Tweetableのインストールと設定の手順を解説したいと思います。

Tweetableのインストールと設定

まずは、WordPressにログイン後、サイドバーのメニューから

プラグイン » 新規追加

に進み、「Tweetable」でプラグインの検索をします。

プラグインのインストール

恐らく一番上に目的のTweetableが表示されると思います。
確認の上、「いますぐインストール」をクリックします。

検索結果
 Tweetableについての詳しい情報

インストールができたら、「プラグインを有効化」します。

 インストールしているプラグイン: Tweetable

サイトバーのメニューに「Twitter」が追加されると思いますので、クリックしてTweetable Setupに移動し、「Register Application」をクリックします。

 Step 1: Register your blog with Twitter

※画面下部のCallback URLは後で使いますので、メモしておきます。

Continue...

Twitterのログイン画面が表示されますので、Twitterのユーザー名とパスワードを入力してログインします。

 Sign in with your Twitter account

Twitterのアプリケーション登録画面が表示されます。
必要事項を入力して「Create your Twitter application」をクリックします。

 Create an application
Nameブログ名
Descriptionブログの概要説明
WebsiteブログのURL
Callback URLTweetable Setup画面で表示されていたCallback URLの内容

OAuth settingsからConsumer keyとConsumer secretを確認してから、Settingsタブをクリックします。

My applications

「Application Type » Access」をRead onlyからRead and Writeに変更します。

Settings

WordPressのTweetable Setupに戻って、「Continue…」ボタンをクリックします。

Continue...

先ほど確認したConsumer KeyとConsumer Secretを入力し「Save and Continue」をクリックします。

 Consumer KeyとConsumer Serect key

Twitterのユーザー名を入力して「Save and Continue」をクリックします。

Enter Your Twitter Username

Sign in with Twitterをクリックします。

Step4: Authorize Your Twitter Account

Twitterのユーザー名とパスワードを入力して「連携アプリを認証」します。

連携アプリを認証

Twitterとの連携設定は完了です。

デフォルトでブログの更新をツイートするようになど設定されていますが、短縮URLなどを変更したい場合はサイドバーから「Twitter » Settings」で変更できます。

Tweetable Settings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。